blog index

F4☆My半世紀リターンズ!

F4大好きな主婦が織りなすF4ワールド☆
<< やっぱり私の王子様達です!!(前編) | main | やっぱり田舎でした(-"-) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
やっぱり私の王子様達です!!(後編)

大阪城ホール初日
とってもなごやかな雰囲気
4人の王子様達も大阪弁大放出
楽しい、楽しいコンサートでした
天のタンバリンも復活。
やっぱり、リズムとるのおかしい気がするのは私だけ

大阪からは、旭はピンクのうさぎの着ぐるみで登場!
赤いジャケットも大阪からでしたね。どういう意味かな(漫才?)

回を重ねるごとに、仔の歌とダンスが目に見えて上手くなっていくんですが…
ホスピタルの主題歌も、仔の方が上手に聞こえてくるから不思議…
でも、この日は旭も本領発揮したように聞こえました
ヴァネはもともと完成度が高いから…
この日は旭のお母さんが会場に…
旭、嬉しかったでしょうね。
大阪から旭の歌声が前にでてきたように思いましたし、迷友達も、声出てたよねってって言っていました。

コンサートに参加している人って、必ず勘違いとか思い込みがあると思うんですが…
私もこの日は、西の花道のちょうど真ん前というベストポジションで、ピンクのハートのペンライトを両手で握りしめていたんですが、ゲームコーナーの時、旭が目の前でペンライトを可愛く振っているなあとみとれていたら、やおら両手で小さなハートを描いて、私の方をピッて指さしてくれたんです。
その瞬間、左右、前後みても誰も気づいた様子がなかったので、もしかして私って喜んじゃいました。(きっと勘違い)
ハートを恋の矢で射抜かれた感じ
この広い会場、きっといろんな勘違いさんが、スーとの想い出作っているんでしょうね


大阪城ホール2日
この日はあまりに近すぎて、眼の前でやっているものしか見えない状態。
良かったのか、悪かったのか…微妙
残念なことに、4人一緒のシーンが見られなかったのです。
近いってことで、スー達とは思い出ができてよかったのですが…
この日も大阪のノリは前日以上でした。
天とヴァネの「我不是F4」楽しいよね
天と仔の「情非得已」は特に大好き
「おおきに」「すきやねん」「もうかりまっか?」「まいど」…
この日もいろいろ言っていました。
ちょっと、予測つかない行動も出て、スー達もコンサートを楽しんでいるって感じが…


スーコンファイナル
この日はスタンド2列目の席。西の花道の近くで、そう遠からず全体をみることができる絶好の席でした。
会場は昨日までと違い、みんなのこれで最後なんだという気持ちが伝わってきて、私も一つ残さず見るぞという意気込みで臨みました。
でも、オープニング曲が流れるともう駄目
一緒に歌おうとすると涙が…
いままでのF4との思い出が走馬灯のように流れて、また涙…
冷静に見ることができない自分がいました。
プログラムは順調に進んで、これまでの集大成って感じ。
この日の旭の「一公尺」は、これまでで一番上手かった。
よく声も出ていたしソロコンしても大丈夫
「瞳を閉じて」も最後、一つのドラマになりましたね。
一緒に歌いませんかっていう声掛けで、迷と旭が一体に…
途中、自分は歌わずに迷の歌を聞いて…
最後に、「今日はとても大切にしている人がきています」
えっ?えっ?…だれ?会場騒然。
「それは、ここにいるあなたたちです。大好きだよ!」
キャー
やってくれますねえ。
横浜初日から想像するにここまで感動的な場面になろうとは…

毎回、仔と旭の LOVE LOVE WAVEのコーナーがあるのですが、最終日はいつも以上に、二人の社長さんコントがおもしろくて…
いつもは仔がボケキャラなのに、このコーナーではしっかりツッコミしていました。
旭はボケキャラが天然?ってくらい似合っているし…
もう二人のやりとりを見ているとたまりません
この日、仔がWAVEと逆走したのは演出それともマジ

旭と豪、豪と天、仔と天、旭と仔…
ちょっと、眼を離したすきにあちこちでじゃれあっているんで、それを追うのが忙しくって…
今回立ち位置からかもしれないけど、天と旭、豪と仔のツーショットが少なかったかな。

最終日、ゲームコーナーのときヴァネがいません
どこって探していると、北の花道に大きなアフロンをかぶったヴァネがTETSU先生で登場
もう、会場を盛り上げてくれ、楽しいパフォーマンスをみせてくれました。
ヴァネ最高
ヴァネに見えなかった(笑)

旭の遊園地、この日はライオンに…




一番背が高いのと、よたよた歩いているのでもろばれです(笑)
なによりも、おもしろかったのは会場からのLUCKYな迷さんが、オジサンだったことです。
旭も、「えーオジサン?、カワイイオジサン」って驚いた様子で笑っていました。
この方は、なかなかのキャラの持ち主で、旭と手をつないで満面の笑顔でうちわを振りながら会場を一周していました。
最後のLUCKYさんが、こういう方でよかったと内心ほっとしました

ちょっと残念だったのが孝天のタップダンスです。
本人も少し乗り切れてなかったのでは
終わりも時間が押したのか、仔仔の上がってくるのが早かったのか…
いつもより中途半端で終わったような感じがしました
でも、いつ聴いても孝天の歌声は私の心を揺さぶります。
大好きです

コンサートが終わりに近づくにつれあちこちからすすり泣きが…
私もつられて…
流星雨のとき、お約束どおり会場が青のイルミネーションに…
その後赤、白、ピンクのお花畑に…
スー達も喜んでくれたよね。私はお花の準備はしていなかったけど、周りの迷にいただきました。
スー達と迷の心がつながっているって実感出来たコンサートでした。
ヴァネの“F4FOR EVER”って言葉を心のより所としてこれからも応援します。
4人と私たちいつまでも一緒だよね。
お互い頑張りましょう   楽しい時間をありがとう
ホントに、ホントに楽しかった
またいつかみんな揃って会えるよね…
運命だから…


☆ スー達と私達の夢を運んでくれたトラック






| RAM☆ | F4 日本公演 | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

bolg index このページの先頭へ