blog index

F4☆My半世紀リターンズ!

F4大好きな主婦が織りなすF4ワールド☆
<< New Year Party 2 | main | 気になる事…いろいろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
New Year Party 3
昨日パンフレットが売り切れだったので、早めに会場に着きました。
今日に限って風が強くて、髪の毛が大変な事に…
開場待ちで並んでいると、1階のカフェで上海のメンバー達がお茶していました。
楽しそうだったのでご一緒したかったんですが、パンフのため諦めました


☆ 昼の会場






危なかったけど、無事パンフを手に入れることができました。
友達に頼まれていたから、ひと安心です


会場は2度目なので、自分の席に…
やっぱりお昼よりは夜の方がムードがあるかなあと、考えながらいると、同じテーブルの隣の席の方が…
えっ○○ちゃん(鮨花の主催者)


台北の夜のプライベートパーティで隣の席だった彼女です。
この偶然って、すごい確率だよね
別々に勝手に申し込みしたのに…運命を感じます


○○ちゃんの後ろにも、鮨花のメンバー2人…
一人は唯一日本で孝天に抱かれた女性ウフフフ…


昨日は結構緊張していたからか、あんなに近かったのに、頭がぼーっとして余り覚えてないんです
今日はリラックスして楽しもう!!
コンサートの時は、テーブルに向いていなくていいから椅子をくるっと前に…
そして全身で孝天の愛を受け止められる体制に…
○○ちゃんに、凄く痩せているって説明しても、彼女も半信半疑のもようで
まあ、私もそうだったから仕方がないか…
見たら分かる、今回だけは嬉しい驚きです


始まりました
凄い歓声です 悲鳴です
○○ちゃんに、「でしょう
左45°の角度からは、最高にいい表情が見えます
自然な表情が楽しめました。
今日の孝天は、濃紺のシャツに白いスーツ(少し縦縞が…)。
胸に輝くクロスのブローチと胸のポケットに青いハンカチーフ
あの殿が、白いジャケットですよ
それにジャケットに余裕があるし…


歌も、椅子のせいかリラックスして聞けました。
きのうと違って、身体全体で音楽を楽しむことができました。
流し目も…
距離的に良かったのか、はたまた私たちが騒がしかったのか…
孝天の視線を頻繁に浴びたような気がしたのですが…
きっと、私の勘違いだと思いますハイ
「フィーバー」…ノリノリでした
スローテンポの歌は、殿の声がいいのでウットリ
最高です
今日もアッと、いう間に終わってしまいました
「え〜」「いやー」「きゃ−」という悲鳴と共に…


またまた、食事タイム
昨日と同じメニューです。
量が少ないし、楽しい雰囲気なので食とお酒が進みます
話しも楽しいし…
食べながら、孝天が作った映像を楽しみました。


☆ サーファー孝天






映像見ながら、私たちが見た孝天はどっちが本物
なんか、不思議の国のアリスになった気分でした



デザートが来て、またまたお見送りの時間。
どうしよう
ギリギリまで悩みました。
英語も話せない。まして中国語は無理
昨日考えた事は、孝天から私に何か言ってもらえれば嬉しいなって
でも困ったことに、今日は昨日よりテーブル数も多く、時間が少ないって事です。
結局流れに任せることにしました。


私のテーブルの順番くらいになると、比較的ゆっくり進んでいたので大丈夫かな
作戦の始まりです
「ケンちゃん」って声かけてから、すぐ通訳の方へ…
「私、ケンちゃんに日本語で頑張ってって言って欲しいんですが」
ケンちゃんに話してくれました。
うまく通じて無いのか、ケンちゃんは私が話すのかと待っているようでしたので、「to me」って指さしたら、笑って「頑張って」って言ってくれたんです。ついでに「加油!!」って…
私は喜んで「サンキュー」「謝謝!!」と言って、階段を降りようとしたら後ろから「bye-bye」って声が手を振ってくれてました、思わず私も両手を振って「bye-bye」…私が壊れた瞬間です
優しい彼の笑顔忘れません。
「頑張って」って言葉を選んだからには、しんどいかも…
でも、おかげ様で前向きな人生が送れそうです(笑)
「スマイル」も忘れません



| RAM☆ | 孝天 | 22:01 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ